いよいよスモークサーモン開始~ゴツリもあるよ~
お節作りもいよいよ前半戦の山場を迎えました








さぁ~スモークサーモンの始まりです








という訳でスッゴク簡単ながら製作の過程を見ていただこうかな~








スモークサーモンと言うからには主役は当然サーモンです








サーモンは色々な産地があるのですが、クアトロではタスマニア産を使用してます








ノルウェー、チリ産なんかが皆さんはお馴染みでしょうか?








あくまで個人的な見解なのですがノルウェー、チリ産は脂ののりが良すぎるのです








なので1,2枚食べる分にはいいのですが・・・・・








美味しいものを美味しく食べて頂くがモットーなのでチト敬遠しちゃうのです








その点タスマニア産は色味も綺麗だし程よい脂で食べ飽きないという点で秀逸なんです








あくまでもAkiの個人的な見解ですが・・
・・








まぁ~タスマニア産のサーモンを3枚に下ろすわけです
b0179052_3135474.jpg








そしてソミュール液に漬け込み
b0179052_3144762.jpg








燻製








そして完成!!
b0179052_3151793.jpg








めっちゃ簡単ではありますが製作完了!!(説明がかんたんすぎるわ 笑)







そして完成後重要な一仕事が・・・・・・








それが骨抜き!








サーモンって結構骨が多くて抜くのが大変なんです








でもやはり1本でも残ってるとエライコッチャなので神経を使う所です








そんな重要なお仕事を例によって半田君にやらせるのです






Aki『おい、半田~サーモンの骨抜いとけ!!』




半田『はい、了解です!!』







半田君がやり始めるとスグに・・・・・・




半田『コレ難しいッス』




Aki『そうか~?頭のほうに向かって丁寧に引けば抜けるだろ?』



半田『ウ~ン!ムズイっす』




そんなに難しいか?と思いながら半田君の方を見てみると・・・・・



Aki『オイ!お前何やってんだ!!』
b0179052_317419.jpg




Aki『ドアホ!!それペンチだろ!!』




半田『そうッス!!』




Aki『お前そんなんで抜けるわけないだろ!!』




半田『でも・・・・・抜けちゃいました!』
b0179052_3174852.jpg




Aki『・・・・・・・・』





Aki『半田、お前器用だな・・・・』




半田『俺、ヤル時はヤル男なんです!!』




Aki『半田、ちゃんと骨抜き使おうな』




半田『ハイ、骨抜く道具があったんですね』








何ともお茶目な半田君でした









こんな半田君のためにマイ骨抜きを買ってあげるためにも、お節買って下さいまし







*こんなやり取りがあったとか無かったとか真相は闇の中(笑)
[PR]
# by 4crewcolors | 2012-11-20 03:21 | Aki
横道にそれてみました~ふらりと書いたよ~
今回はお節作りの中継を一時中断してチョットだけお勉強タイム








お節の意味って皆さんご存知でしょうか?








お節とは・・・・








節会のお料理、すなわち節句(五節句)のお料理のことなんです








そして一年で最も重要な人日(1月7日)をもってお節とし、今では正月を指すようになったのです








そしてその時お料理を年神様へ供え、これを下げ一同が神様とともに祝して食べたものをお節料理なのです








と、まあ簡単ではありますがチョットした説明でした





詳しく知りたい方はウィキって下さい(笑)











お節料理って詰めてあるものすべてに意味があるんですよね。そんな訳で例によって半田君とお勉強!









Aki『おい、半田!!お節に海老が入ってるだろ、何でか知ってるか?』







半田『ウ~ン、お節って神様にお供えしたものなんですよね?あっ!もしかして・・・・エビスサマの大好物だったとか?』







Aki『・・・・・・・』








Aki『じゃあ~黒豆は?』








半田『そりゃ大黒天の好物だからでしょ』








Aki『・・・・・・・』








半田『金団(キントン)だったらわかりますよ!!』







Aki『おっ!じゃ~何でだ?』








半田『キンと言えば弁財天でしょ!!弁財天が大好きなんでしょ?』








Aki『半田!お前にとっての神様は七福神か!!(笑)』








これ以上聞いても正解は出ないな~








因みに皆さんはわかりましたか?








という事で半田君にレクチャー








エビを入れる所以はエビのひげが長く腰も曲がるまで長生きを願って使う縁起物なのです









黒豆はまめに働くをもじって元気に働けますようにと願っているのです








金団は黄金色に輝く財宝にたとえて豊かな1年を願っているものなのです






さぁ~半田君ちょっとだけ勉強になったかな?








金団はいい線いってたけど・・・・・他の二つはなぁ~(笑)








珍解答を連発してくれた半田君にお叱りの声をお願いします








こんなアホな半田君に料理の専門書を買ってあげられるようにお節を買って下さいまし!!
[PR]
# by 4crewcolors | 2012-11-13 01:16 | Aki
全国泡盛銘酒会10周年記念式典~その得体のしれない中身とは~
とあるところから一本の電話から始まったのでした







10月14日全国泡盛銘酒会結成10周年記念式典があるから来てよ!






唐突にそんなことを言われても・・・・・・






電話の主は同会の会長であり東京の五反田にある内藤商店の社長の東條辰夫氏








社長とはかれこれ十数年来のおつき合い








僕は思わず、俺?








俺が行くの?って聞いちゃった!









社長は社長であんた来なくてどうすんの?って言ってくるし・・・









分かった分かった行きゃいいんでしょ!








と言う訳で参加決定!!








東條社長といえば、いつもいつも御世話になっているので、お断り出来ないのです!








とある時にはある銘柄でどうしても4合ビン百本欲しいときに、五合ビンしか無くて困ってると・・・・








社長のツルの一言








そんなの蔵元に造らせればイイじゃん








ハイ、無茶が通った瞬間でした!!








無茶を言っても、その無茶を聞いてくれるソレが泡盛の会会長東條さんなのです








そんな社長のお誘いですもの断れますまい








参加にあったってサスガに正装だよね?と聞くと・・・・








普段着、普段着!!









式典なのに?








社長は、俺はかりゆしで行くよ!!









ちなみに、かりゆしとはアロハシャツみたいなやつで沖縄では正装なのですが・・・・・








じゃあ俺も普段着でいいや~~








当日いざ行ってみると・・・・・








オイ!!社長はしっかりスーツで来てやがった








あまりに寒くて、かりゆしじゃ無理だったよ、あはは。だって








裏切者!!








受付を済ませ式典の開会宣言がされ、その後は・・・・
b0179052_133397.jpg








食事、歓談、沖縄民謡鑑賞








なんとも、ざっくばらんな式典ですこと(笑)








なんでも、沖縄式だそうで








ある程度予想はしてましたが、色々な方々と名刺交換させて頂きましたら・・・








業界の著名な方ばかりなんです(やっぱり俺場違いだろ! 笑)








蔵元の社長、泡盛会の酒販店の社長さん等、泡盛の会なので当然ですが・・・・








ご列席された方のごく一部を書かせていただくと・・・・


小山商店、籠屋秋元酒店、横浜君嶋屋の各社長さん(日本酒、焼酎の世界では知らない人はいないくらい著名な方々です)


山川酒造、高嶺酒造、宮里酒造等々の社長さん(すべて泡盛の蔵元さんの社長さん)


濱田酒造のお偉い方、六調子酒造の社長さん(それぞれ芋焼酎、球磨焼酎)


Dancyuの編集長、焼酎楽園の編集長、琉球新聞社東京支店支社長さん等々





たくさんいらっしゃったので、お名前が漏れちゃった方ごめんなさい









開会宣言(小山商店社長 泡盛会副会長)
b0179052_1362832.jpg








会長挨拶(内藤商店社長 泡盛会会長)
b0179052_1351442.jpg








その他ご挨拶を経て乾杯








沖縄民謡の始まり
b0179052_1371888.jpg








演奏前にスタンバイ中の皆さん
b0179052_1375078.jpg








高嶺酒造の社長さん自らの演奏
b0179052_1395146.jpg








その間たくさんの沖縄料理が運ばれ
b0179052_140215.jpg

b0179052_1405086.jpg

b0179052_141191.jpg

b0179052_1414087.jpg

b0179052_143461.jpg






お酒も並べられ、セルフでお好きなだけどうぞ(笑  写真はごく一部です)
b0179052_1452068.jpg

b0179052_1454633.jpg







途中余興で横浜君嶋屋さんの社長のパフォーマンス(あれ?写真がない!)








演奏曲は・・・・・








泡盛が最高!そして黒麹ブルース








君嶋社長さんはライブ活動をしていて、ちなみにCDも出されております








収録曲には”日本酒が最高”など等です








絶賛?発売中です!!(ちなみにアマゾンなどで購入可能です 笑)







そんなこんなで会も進んでいくのですが・・・・








堅苦しい会ではないのですが、周りが周りだけに肩もこるので・・・・・








脱走!!









一服してると








焼酎楽園の編集長、沖縄新聞の支社長も抜け出してきて一緒にご歓談

そして一言








3時間はさすがに長いな~~、タバコ吸うやつにはしんどい!








皆さん同じ意見








結局20分くらい戻らなかった!!








でも色々なお話もできたのである意味有意義な時間でした








会場に戻りしばらくすると宴もたけなわ








沖縄体操で締めくくり
b0179052_1464846.jpg

b0179052_1472587.jpg







こんな流れで会も閉会になるのでした








そして会長に”明日お店に顔だすよ”とだけ言い残し退散するのでした
[PR]
# by 4crewcolors | 2012-11-06 01:59 | Aki
お節シリーズ第二弾~ホロリもあるよ~
ロースハムって買って食べる物?









イヤイヤ作って食べるものデスぜ、クアトロでは・・・・









と言う訳で、ロースハムを作るの巻








簡単にだけロースハムの手順だけ紹介しましょう









豚肩ロースを塩蔵!(結構長い日数)
b0179052_29747.jpg









クアトロでは贅沢に奮発して黒豚使っちゃいます









そしてその後、流水をかけ塩抜きするんです
b0179052_294090.jpg









そしてよ~くフキフキして・・・・









サラシで覆い・・・・








タコ糸で縛る
b0179052_203569.jpg

b0179052_224362.jpg








この縛るのが最大の重労働!!









どのぐらい重労働かと言うと・・・・









手がこんなになるくらい
b0179052_23262.jpg









テーピングの下は水ぶくれの嵐!









名誉の負傷じゃ~~









そして燻し界のスーパースターの登場!









文句も言わず黙々と(燻製だけにね)仕事する偉い奴!
b0179052_26699.jpg









操り手は先ほど、名誉の負傷をした燻製界の貴公子michi









それをある温度帯でじっくりボイル









ここで前回に引き続きバイトの半田くんの出番!









お~い、半田!









温度確かめろ!









温度計有るじゃないですか!









信用出来ん!手でいけ!
b0179052_24148.jpg









この後,半田くんは気力が萎えたとか、テンションが上がったとか真相は闇の中・・・・









そしてようやく









完成!









出来映えの方は・・・・









乞うご期待









お節の中で待ってます









此度も身体を張った半田くんに敢闘賞!









因みにAkiは?









手の手術後の為、戦線離脱中









なので後方支援(口だけ)







チーン









敢闘賞の半田くんの為にもご予約お待ちしております!
[PR]
# by 4crewcolors | 2012-11-01 02:12 | Aki
始めましたぜ、お節作り~ポロリもあよ~
さあー今年もお節プロジェクトが始動しました!









美味しく食べられる物の凝縮がコンセプトのクアトロのお節って興味有りませんか?










と言う訳でシリーズお節と題し書いてみますか!!









初回は海老真丈(えびしんじょう)を揚まくりの巻








海老真丈って皆さんご存知でしょうか?








海老真丈とは、簡単に言えば海老団子なんです









それを日本料理風に言うと、シャレオツに海老真丈と言うのです









正直何ら難しい事無く唯々手間をかける根気、根性だけの産物なのです









しかし、その中にも歴としたテクニックも存在するのです









簡単ながらちょっとだけ公開しちゃおうかなー









先ず海老真丈というだけあって海老が主役です









その海老を丹念にすり潰す









嫌という程すり潰す!!









これがやっぱりシンドイ









これがこの料理の肝なんです!!









海老は何を使ってもいいのですがAkiバージョンのメインはブラックタイガー
b0179052_2243633.jpg











そして他をチラホラ










その配合は内緒です、残念ながら・・・・・









そこに玉ねぎ、卵を混ぜて完成(本当はココにこそ秘密があるのですが、非公表です!ハイ)









揚げる前の図がコチラ
b0179052_2254651.jpg









これを揚げていくわけですが・・・









揚げる温度が問題でして・・・









これまた極秘事項!









でもちょっとだけヒント









おい、半田~!(バイトくんです。はい)



手突っ込んで温度確かめろ~~!!

b0179052_2271868.jpg







半田が火傷したとかしないとか・・・・真実は闇の中・・・・・









そして揚げまくり
b0179052_2283696.jpg









さあー完成!









外はサクッと、中はフワッと









これぞ海老真丈じゃ~!









こんな身体を張った半田くんの為にも、お節買っておくれやす!










随時予約受付中です!!
[PR]
# by 4crewcolors | 2012-10-31 02:35 | Aki



クアトロクルーが体験したいろんなお話を公開
by 4crewcolors